検索
  • YOGA FLOW

【5/20,28 ヨガクラスのお知らせ】

最終更新: 2020年5月26日


・5/20 10:00-11:00 その後お茶会あり。(希望者) ・5/28 19:00-20:00 その後お茶会、飲み会あり。(希望者)

・1,200円

です。ZOOMを使ったオンラインクラスでやりま~す。

こないだね、超久しぶりにヨガの講師の養成講座で共に学んだ友人達で同期会をしたのですよオンラインで。



アシュタンギー二(アシュタンガヨガをする人たち)なので、みんな毎朝、各自のプラクティスを行っている人が多い。ワタシは最近全くしていないのだけど。

ヨガの流派って例えば茶道、華道みたいに流派があるのです。アシュタンガ・ヨガというのは数あるヨガの中でもオールドスクールな存在で、伝統的な学び方に特徴があります。 グル(師匠)の元で、少しずつポーズを教えて頂き、ひたすらに精進していく練習方法です。 で、こういう話題になった。 「ヨガをやってきて、変わったことってある?」 皆の意見は様々。ワタシ自信はヨガを通して様々な変容を体感してきて、皆もそうだと思っていたのだけど、意外や意外、物凄く飄々と俯瞰していたのにびっくり。 「変容はあるけれど、それがヨガの恩恵なのか、はたまた年くって(笑)穏やかになった結果なのか、あるいは他の要因からこうなったのかは、ヨガをしないという選択をしてこなかったので比較の仕様がない。」と。 すっごい!その通りでございます。すごいなみんな。 例えば「『怒り』を自分そのものと離してみることが出来るようになった」とか、そういう意見もあった。 そういう意味でいうと、ヨガの無かった生活は想像出来ない。 それは、「ヨガって超素晴らしいから~、やってないとか考えられない!!」とかいう浅はかなやつじゃなくて(^^)どの人生もどれか1つしか体験出来ないから、比較は出来ないってこと。 これは全てに通じるなあと思って。 人生は選択の連続だから、成り立っていることの起因は何なのか、特定することは不可能なのではないか。 自分の感覚として、「これやってるお陰だ~!」とか思うことはあっても、あくまでも自分の感覚であって。パラレルワールドのもう一人の自分に聞くことは出来ないので。 だからこそ、日々1日を大切に淡々と粛々とやることの尊さというか、美しさが内面から滲み出てくる。 アシュタンギの友たちは、強く、美しく、毎日のプラクティスを欠かさないというぶれない背筋みたいなものがあって、話していてもとっても気持ちよかった。 私もかくありたい!そうだった、朝の練習、やろう!と思って早速始めたのだけど、筋肉が落ちていても~しんどいしんどい。。ハア~。。。ハーフのスタンディングがやっと。。 全くもう。。。やはりアシュタンギの道は1日にしてならず、なのです。 画像はいつもの散歩道の森の中。




9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示